公庫と保証協会で借りた記録4~借入の流れ | 税理士法人倉知河野

公庫と保証協会で借りた記録4~借入の流れ

カテゴリー: 法人税のハナシ

(投稿者:河野周輔)

金融機関から借入を行う場合の流れは、次のようになります。

1.申込書の提出
まず、最初に申込書に必要事項を記載して、借入の意思表示を行います。借入申込書には、借入希望金額、借入希望日などを記載します。借入希望金額の根拠になる資金繰り表などの用意が必要になります。また、履歴事項全部証明書(会社謄本)、印鑑証明書、オフィスの賃貸借契約書コピーなどの添付が求められます。

2.面接
金融機関の面接担当者と、面接を行います。事務所・事業所が実在しているかの確認の意味も含まれていますので、面接担当者が事務所・事業所まで来ます。面接では売上の見通し、利益の見通し、主な売上先、仕入先などがヒアリングされます。

3.審査
1.で提出した書類と、2.の面接内容をもって、金融機関内で審査が行われます。希望額通りの融資となる場合もあれば、希望額に満たない金額での融資となってしまう場合もあります。

4.契約締結
審査が終われば、融資実行に向けて金融機関と契約を締結します。金融機関所定の契約書が送られてきますので、記載を行い、金融機関に返却します。

5.融資実行
契約の締結が完了すれば、1週間程度で融資が実行され入金が行われます。

↑トップへ